デスクワーク

腰痛持ち必見!デスクワークを正しい姿勢で行うメリット

コーヒーを飲みながらデスク作業をする女性

先日こちらの記事で環境の変化を報告しました。

以前は立ち仕事が8時間の後、デスクワークが2時間程だった人間が、現在はデスクワークが6時間程です(昔はブラックやなー)

必然的に座っている時間が長い為、立ち仕事の時とは違う体への負担があります。

そこで、今回は正しい姿勢でデスクワークを行うメリットを紹介していこうと思います。

デスクでパソコン作業
社畜がフリーランスになって衝撃的な変化5選環境が変化して10日が経ちました。 フリーランスと名乗ってはいますが、未だに収入は0円の為、いわゆるニートです。 そんな中で...

参考サイトはこちら

パソコンの利用と健康 2. パソコンを使う時の姿勢 – Fujitsu Japan

Googleにて【パソコン 姿勢】で検索しても、たくさんの参考画像が出てきます。

正しい姿勢のメリット

腰を両手で抑えているポーズ

腰痛軽減

私は16才の時に腰を壊して、それ以来ずっと腰痛と付き合っています。

長時間立ち仕事をしていても痛くなりますし、同じく座っていても痛くなります。

要は同じ姿勢をとっている事が、筋肉へ負担をかけて故障の原因になります。

とは言うものの、ブログを書いたりプログラミングを行ったりする行動は、まさに同じ姿勢を取り続ける事ですよね?

そこで腰痛を軽減する為に、デスクワーク時の正しい姿勢があります。

www.fujitsu.com

私は体のパーツも消耗品という考えを持っている為、改善ではなく、軽減と書かせてもらいます(ネガティブ)

皆さんもなんとなくは想像していたと思いますが、ポイントは…

  • 椅子の背もたれを使っていい
  • 肘掛けを利用する
  • ディスプレイは水平視線より下に設置する事

だと思います。

椅子の背もたれを使っていい、使ったほうがいいという事は全く考えもしなかった事です。小さい頃から言われていた正しい姿勢のイメージって、背もたれを使用しないで、背筋をピンとする事じゃないですか?

本当にビックリしました!

正しい姿勢を参考に、自分のデスクワークやゲームをする時の姿勢を意識してから2週間程経ちました(デスクワークの時間が6時間程になってからは10日ぐらい)

最初の3~4日間は違和感もあり、窮屈でした。しかし、意識して行ってから10日程経った頃には、ものすごい楽さを感じていました!

デスクワークを終えてから、晩ごはんの準備をします。

その頃には腰が痛かったり、お尻の筋肉が固くなっていたりと、困っていましたが、今では体の不調は感じられません。

腰痛持ち持ちの方は是非試してみて下さい!

足組みの改善

皆さんは椅子に座る時に足を組みますか?

私は、なんとなく足を組むことは体に悪いと知りつつも組んでいました。

デスクワークをすると椅子に座るので、必然的に足を組む。そう、癖になっていたんです。

調べてみるとこれがやはり体に悪い!

気づいてる?足組みが及ぼす悪影響 | Abhasa Spa

楽だと感じる→癖になる→歪んで腰痛の原因になる→医者に通う

最悪のパターンですw

しかし正しい姿勢でデスクワークを行う事により、これが改善されます。

なぜなら、デスクの天板が邪魔して足が組めません!

もちろん、使用しているデスクや椅子、身長や座高などいろいろな要因はありますが、私の場合は偶発的にこうなりました。

まだまだ2週間程では、歪みへの影響は微々たるものだと思いますが、意識しなくても悪い癖が治るなら儲けものですよね!

騙されたと思ってやってみて下さい。

正しい姿勢を行うのに難しい点

黒い10個のクエッションマークと赤い1個のクエッションマーク

ここからは私が感じた、正しい姿勢でのデスクワークを行う事にあたっての、難しいと思った点について書いていこうと思います。

難しいから全く正しい姿勢ができていないというわけではなく、代案を立てて取り組もうとしているので、参考にしてください。

ディスプレイの高さ

先程紹介したように、【パソコン 姿勢】で検索すると、いろいろな正しい姿勢がのっていますが、ディスプレイの高さに注目してみて下さい。

ディスプレイまでの距離40センチ以上という事に対しては、奥行きが80センチのデスクを使用しているので問題ないです。しかし、ディスプレイは水平視線よりやや下が好ましいと多くの画像で言っています。

これってモニターアーム買わなきゃ無理じゃね?

個人差はもちろんあると思いますが、私の場合はディスプレイが水平視線にあります…

購入して付属していたディスプレイスタンドも、高さ調節できるものではありません。

この点に関してはどうしようもないので、モニターアームを購入予定です。

ガス圧式のモニターアームが気になっています。

購入したらレビューしますw

肘掛けの使用

正しい姿勢において、肘の角度は90度が理想とされています。

なんとなくわかってはいましたが、多くの画像で肘掛けを使用した方が良いと言っています。

え?無理と思いました。なぜなら…

キーボードを使っている男性

肘掛け使ったら、キーボード打ちにくい!

画像のように肘から手首までがハの字になってしまい、文字入力できません。

肘掛けの位置をもっと狭く移動できるタイプの椅子でしたら問題ないと思いますが、私の椅子は画像の状態が限界でした(;´Д`)

その為現状はこうしています。

キーボードを使っている男性

椅子の位置はもっと奥にありますが、デスクの奥行きを活かして90度を保っています。

奥行きが80センチのデスクでラッキーでした。

これからデスクを購入する際は、肘掛けや肘の状態も考慮して検討してみて下さい。

まとめ

私は立ち仕事をしていた人間なので、座って仕事をしていた方が楽そうに見えていました。

しかし、長時間座っているという事がこれ程までに大変だとは思ってもいませんでした。

この記事を読んで頂き、少しでもデスクワークでの正しい姿勢を意識していただければ幸いです。

では、あでゅ~