ガジェット

iPadのペン、Apple Pencil今更レビュー

Apple Pencil

発売当初は話題性に富んでいたので、Apple Pencilを思い切って購入した人も多いのではないでしょうか?

私もかっこいいから始まって、iPad専用キーボードといっしょに購入しました!

会社組織はペーパーレスだと言いつつ、まだまだ紙に頼っています。

そんな中サラリーマンからフリーランスになれば、事務用雑費も削減しなければなりません。

そこで今回は、改めてiPadのペンApple Pencilをレビューしていきたいと思います!

Apple Watch
Apple Watch3、使って半年経ったのでレビュー欲しいと思いつつも、なかなか購入の決断に至らなかったApple Watch3。 使ってみて半年。あの時買って後悔なし。 って...

Apple Pencilの概要

傾きと圧力の両方を感知するのがすごいです!

鉛筆で書く時って、筆圧や角度って自由自在じゃないですか?

それと同じ事がこのApple Pencilではできちゃいます。

技術仕様

Apple Pencil
長さ 175.7㍉(先端からキャップまでの長さ)
直径 8.9㍉
重さ 20.7g
接続 Bluetooth Lightningアダプタ
その他の特徴 マグネット式キャップ

長さに関しては、充電する部分を除けば一般的なペンと同じぐらいです。

重さは私の愛用している4色のジェットストリームペンより少し重いぐらいです(ジェットストリーム厨)

使用していて重いなと感じた事はありません。

Apple Pencilのメリット

ロック画面からすぐにメモを使える

これは実際に私が1番多く使用している機能で、本当にオススメです!

メモを取る時って『今すぐに使いたい!』って思いませんか?

Apple PencilとiPadならそれが可能です。

ロック画面から…

iosのロック画面

ロックを解除しないで、Apple Pencilで画面を2回タップするだけで…

iosのメモ画面

メモアプリが開いちゃいます!

指紋認証やパスコードを入力する手間も省いて、すぐに書けるんです。

咄嗟の閃きやいきなりメモとって~なんて言われても、Apple Pencilのこの機能があればすぐに対応できます。

嘘だと思うなら、Apple PencilとiPad持ってる人は試してみて下さいw

iPadに手をついてApple Pencilが使える

iPadにデジタルペンで書き込む男性

デジタルペンって、書く媒体に手を置くと、タブレットなどが反応してしまうというデメリットが普通だったと思います。

しかし、Apple Pencilはこの常識を覆したのです。

Apple PencilでiPadに書き込もうとすると、iPad側のシステムが指で書いているのかApple Pencilで書いているのかを自動で判断してくれます。

よって、iPadに手をついて書く事ができるようになりました!

『デジタルペンで書くとキレイに書けないんだよね』っていう言い訳はもうできないですねw

遅延がほとんどない

鞄と時計を持ってドアに駆け込む男性

ほとんどないと書きましたが、体感99.9%遅延は無いと言っても良いぐらい無いです。

続け字でできるだけ早く書こうとしても、Apple Pencilは付いてきます。

機能とは呼べないが、当たり前に欲しかったこの特性。

これだけでもApple Pencilを買う価値はある、と言っても言い過ぎにはならないぐらいです!

Apple Pencilのデメリット

 充電方法がスマートじゃない

誰もが思う部分だと思います。あのAppleが、まさかこんな充電方法にするとは…

iPadProでApple Pencilを充電している

ダサい、邪魔、根本から折れそう…

一応付属のLightningアダプタを使えばこのようにも充電できます。

Lightningアダプタを使用してApple Pencilを充電している

Lightningアダプタを使用しないで、そのままケーブルに挿して充電できればまだ良かったんですけどね。

Apple Pencilのヘビーユーザーの方は、既に充電スタンドなどを購入していると思いますが、純正のままでは充電しにくい、かっこ悪いというのは、是非第2世代Apple Pencilには改良してきて欲しい部分です。

バッテリー容量がわからない

これはiOSの問題でもありますが、まずはこちらをご覧ください。

iosのウィジェット画面

Apple PencilしかBluetoothに接続していない状況です。

これに例えばAirPodsを接続すると…

iosのウィジェット画面

Σ(゚д゚) エッ!?

Apple Pencilのバッテリー容量がわからなくなったじゃないか!!

常に寝る前に充電MAXにして、明日使う分は充電しないという人はあまり気にしないかもしれません。しかし私は、なるべくバッテリー寿命を長持ちさせたい人間なので、iPhoneやiPadも20%以下ぐらいまでは充電しません。

iOS12ではウィジェットにすべてのバッテリーが表示できるようになって欲しいです。

まとめ

シンプルな外観からは想像できないApple Pencil。

5,000円出してデジタルペン買うなら、少し背伸びしてApple Pencil買いましょう。

今ならApple Pencilにしかないカッコよさも付いてきますよ!

では、あでゅ~