生活

転職のきっかけとなるパターン3選【30代なら転職も余裕】

らいおん丸
らいおん丸
仕事がつらいから転職したいんだけど、こんな理由で転職してもいいのかな?まわりは、どんなきっかけで転職してるのだろう?ついでに、転職に年齢は関係ある?若くもないし、年齢を気にしちゃう

こんな疑問に答えます。

☑本記事の内容

  • 転職のきっかけとなるパターンがわかる
  • 転職に年齢は関係があるのかがわかる

この記事を書いている僕は30代男で、転職回数は7回です。

自慢ではありませんが、人よりは転職を多く経験していると思います。

その分、転職のきっかけとなるパターンも、多く考え経験してきました。

それでは早速、転職のきっかけとなるパターンを3つ紹介していきます。

転職のきっかけとなるパターン3選

  • まわりと収入の格差を感じたとき
  • 残業や休日出勤が多い
  • 上司や同僚と馬が合わない

あなたは、上記の項目に当てはまりませんか?

1つでも当てはまるのであれば、じゅうぶんに転職のきっかけとなります。

まわりと収入の格差を感じたとき

歳をとればとるほど、まわりと収入の話ってしにくくなりませんか?

10代の頃なんかは、友達同士で気軽に「バイトでいくら稼いだ〜」や「貯金は〇〇円ぐらいある」なんて話をしたと思います。

いつからでしょう。親しい友達にすら、「給料いくらなの?」や「貯金どのくらいある?」なんて聞きにくくなったのは…

その分、まわりの友達が身につけているものや、車、家なんてもので自分との収入の格差を感じてしまいます。

収入の格差を感じると、「こいつのほうが偉そう」や「自分とはつりあってない」などの、不信感を抱いてしまい、「自分は何やってるんだろう…」と虚無感に襲われることも…

僕はそんな虚無感が、転職のきっかけとなったことも多々あります。

やはり、収入が上がると自分の自信にもなりますし、心に余裕ができるので、不信感や虚無感は感じなくなります。

まわりとの収入の格差を感じているのであれば、転職のきっかけと考えましょう。

残業や休日出勤が多い

残業や休日出勤が多いということは、肉体的にも精神的にも影響が出てきます。

もし、あなたが生粋の仕事マンで、朝から晩まで仕事していたいという人なら、問題はありません。

しかし、多くの人は仕事の他に、プライベートの時間や家族との時間を大切にしています。

仮に、毎日1〜2時間の残業がある仕事だとしましょう。

それだけで、月間20時間〜50時間程度の貴重な時間を仕事に奪われます。

加えて、休日出勤なんてあった月は、60、70時間と奪われます。

60、70時間あったら、あなたなら何ができますか?

趣味の時間やデートの時間、家族と買い物もできます。

気づいていないかもしれませんが、上記の時間はもともと、あなたにあったはずの時間です。

その時間が奪われ、とうぜん疲れも溜まります。

疲れが溜まれば、休日などは体力を回復するために、睡眠に多くの時間を使うでしょう。

つまり、

  1. 残業・休日出勤が多い
  2. プライベートの時間や家族との時間が奪われる
  3. 肉体的にも疲れが溜まる
  4. 休日などに睡眠時間が増え、時間を奪われる
  5. 結果、とにかく時間をムダにするサイクルに陥る

上記のような悪循環になります。

あなたは、「残業や休日出勤は当たり前」だから、時間を奪われていることに目を背けていませんか?

残業や休日出勤が、転職のきっかけにならないか、今一度じっくり考えてみましょう。

上司や同僚と馬が合わない

馬が合わないとは、人間関係がうまくいかないということです。

嫌いな上司がいる、苦手な同僚がいる…これらはあなたに、多くの「ストレス」を与えます。

あなたは、「ストレスなんて我慢して当たり前」と思っていませんか?

たしかに、昭和の働き方ならそうだったかもしれません。

しかし、現代でストレスを溜め込めば鬱になったり、吐き気や腹痛、めまいなどの体調不良も起こします。

上記のような症状が出ても、まわりはあなたを軽視し、事の重大さに気づきません(気づこうとしません)

なぜなら、あなたが休めばまわりの仕事量が増え、負担が増えるからです。

終わらない仕事は残業になり、最悪の場合、休日出勤になるかもしれません。

実際、僕がうつになった職場では、体調不良でも休めませんでしたし、上司も見て見ぬ振りでした。

けっきょく、自分の身体は自分で守るしかありません。

上司や同僚と馬が合わないで発生しているストレス、じゅうぶんに転職へのきっかけとなります。

あなたの身体を、「あなた自身」が1番大事にしてあげてください。

スポンサーリンク




転職に年齢は関係ない(30代までの経験から)

ここからは、転職のきっかけをふまえて、転職に年齢は関係あるのか?ということについて書いていきます。

転職に年齢は関係ありません。

すべて、僕が7回転職を行って直接感じた体験からです。

30代の転職でも年齢は問題じゃない

34歳男の僕ですが、今までで7回の転職を経験してきました。

うち、2回は30代になってからの転職です。

それでも、「年齢で採用されなかったな…」と思ったことは、一度もありません。

世間一般では、30代では転職は厳しいなんて言われていますが、余裕で転職できます。

なぜなら、どの企業も人手不足だからです。

もちろん、若いことに越したことはありませんが、企業側としては、そんなことを言っている余裕がないぐらい人手不足なんです。

よって、昔は転職の際の年齢は、ハードルの高いステータスでしたが、今はなんのハードルにもなりません。

年齢よりもスキルが重要視される

転職の際、20代と30代の面接で確認されるポイントが違います。

それは、スキル(経験)です。

20代であれば、まだまだ未経験でもこれから育つだろうという見解になります。

しかし、30代なら20代で得たスキルに企業側は着目します。

理由は、20代で得たスキルがあれば、その点に関しては企業側がこれから育成しないで済むからです。

例えば、僕は長年接客業をやってきました。

すると、面接のときに、「接客業に多く携わってきたんですね。これなら、うちでの接客も任せられそうです」なんて流れになります。

さらに僕は、デザインの仕事をしているので、PhotoshopやIllustratorなど、専門的なPCスキルがあります。

すると、「デザインの仕事をしているなら、お店のチラシなどは作れますか?」なんて流れになり、もちろん作れますと返答。

20代ではなかったスキルが、30代の転職では大きな武器になります。

最後は「あなたの本当に転職したい!」という気持ちが必要

根性論を語るわけではありませんが、やはり最後はあなたの転職への意志が絶対必要です。

あなたは、「年齢が〜」などと言い訳をし、転職活動しないことを正当化していませんか?

別に転職活動をしなくても、まわりは困りませんし、言い訳を正当化しても誰にも迷惑はかかりません。

ですが、あなたが転職のきっかけを持っていて、かつ年齢だけを言い訳に転職活動をしないことは、本当に大損です。

わざわざハローワークに行って、「転職活動しにきました!」なんて大がかりなことをする必要はありません。

今どきの転職活動は、スマホで転職サイトを眺めることから始められます。

あなたは、1日の中でなんとなくTwitterやInstagramを見てる時間ありますよね?

その中の5分でもいいです。

転職サイトを眺めてみてください。

すると、あなたが思っている以上に、転職はかんたんにできるんだという事実に気づきます。

おすすめの転職サイトは、記事にしてまとめてあるので、下記からぜひご覧ください。

【doda 転職】デューダ子がかわいすぎるだけじゃない!dodaの魅力を3分で解説dodaの転職サービスを徹底解剖。公式サイトではわかりづらい、dodaの魅力をかんたんに3分で読める内容にまとめました。転職するならdoda使わないほうが、時間と労力のムダということを証明します。...
就職・転職なら就職ショップが絶対おすすめ!20代ならここだけで採用まちがいなし20代という武器があるなら、就職ショップという就職・転職サービスが絶対におすすめです。利用料金0円、書類選考なしで使っていない20代の人とかっているの?...

転職して、あなたの理想の生活を手に入れましょう。

スポンサーリンク




まとめ|転職のきっかけとなるパターン3選

この記事のポイントをまとめます。

転職のきっかけとなるパターン3選

  • まわりと収入の格差を感じたとき。乗っている車や住んでる家、服装で格差を感じているなら、転職の時期かもしれません
  • 残業や休日出勤が多い。残業や休日出勤は当たり前じゃない。あなたの貴重な時間を奪われていることを自覚してほしい
  • 上司や同僚と馬が合わない。ストレスで体調不良になっても、まわりはあなたを助けてくれません。自分の身体は自分で守りましょう

転職に年齢は関係ない(30代までの経験から)

  • 30代の転職でも年齢は問題じゃありません。なぜなら、どの企業も人手不足です。あなたが転職してきてくれることを待っています
  • 年齢よりもスキルが重要視される。20代では重要視されなかったスキルが、30代では確実に活かされます。
  • 最後は「あなたの本当に転職したい!」という気持ちが必要。「年齢が〜」という言い訳で、転職活動しないことを正当化していませんか?今どき、転職活動はスマホから始められます

今回紹介した転職のきっかけ以外にも、たくさんのきっかけがあると思います。

そのきっかけを大事にしてください。

そして、「こんな理由で転職できない…」と悲観的にならないでください。

あなたが思っている疑問や悩みは間違っていません。

人生は一度きり、「後悔」だけはしないように決断してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

サインする女性
退職代行とは?誰でもかんたんに100%退職できるサービスも紹介あなたは退職代行サービスとはなんなのか知りたいですか?退職代行サービスとは、退職を代行してくれるサービスです。どんな人が使うべきかも書いてあります。僕がおすすめする退職代行は、退職率100%です。会社を退職したいのに、退職できない人は必見です。...