ガジェット

GLNG(NORTH BAYOU)F180モニターアーム購入レビュー。2画面でガス圧も文句なし!さらにコスパも最高

らいおん丸
らいおん丸
GLNG、F180モニターアームのレビューが知りたい。モニターアームの購入を検討してるんだけど、おすすめが知りたい。モニターアームをつけるとどんなメリットがある?

こんな疑問へ、GLNGモニターアームを使用している筆者が答えていきます。

モニター付近って、モニタースタンドがデッドスペースになって整理整頓しづらいですよね?

さらには、高さ調節できないものが多く、筆者は赤ちゃんを抱っこしながら作業する場合が多くなっており、不便に感じていました。

もし、あなたが上記のような悩みを抱えているなら、モニターアームの存在を知らなかっただけかもしれません。

なぜなら、この記事でレビューしているGLNG F180そんな悩みをすべて解決してくれるからです。

結論を先に言うと、GLNGモニターアームF180の評価は

コスパ、2モニター設置できる、ガス圧十分で文句なしです。

それでは、これからGLNG F180モニターアームのレビューを詳しく伝えていきます。

購入前には必ずVESA規格の確認をする

さっそく組み立てを紹介していきたいのですが、筆者がモニターアームを購入するときにとんでもない失敗をしました。

あなたにも同じような失敗をしてほしくないので、使っているモニターがVESA規格に対応しているか確認しましょう。

VESA規格とはかんたんに説明すると、モニターをモニターアームなどに取り付ける際、ネジ穴の間隔について定められた国際標準規格のこと。

75mm×75mm、100mm×100mmなどが多くなっています。

筆者は自分が使っているモニターがまさか規格外とは確認せずに、モニターアームを注文。

届いてからさっそく設置しようと思い、2台のモニターの背面を確認したところ、なんと1台はVESA規格外…

BenQのGL2460とDELLのST2220Lを使用していますが、ST2220Lはネジ穴もなくVESA規格外でした。

けっきょく、BenQのモニターだけモニターアームにつけて、DELLのモニターはモニタースタンドのまま。

せっかくGLNG F180は2画面設置できるのに、かなりもったいないことをしました(笑)

あなたは必ず使用しているモニターが、VESA規格に対応しているか事前に確認しておきましょう。

組み立ての様子と注意点

GLNG F180の内容物

内容物はこんな感じです。

GLNG F180設置後、デスクからはみ出ている部分

USBケーブルなどを本体下部に設置して、デスクに取り付けたあと。

デスクから2~3cmほどはみ出るので、壁からデスクまで5cmほどはスペースをあけておいたほうがいいです。

GLNG F180設置後、デスク下からの様子

クランプ式を下から見た図。

GLNG F180の取り付け方はクランプ式(デスクに穴を開けない)とグロメット式(デスクに穴を開ける)が選べます。

開封からモニターアームの設置まで1時間弱ぐらいかかりました。

しかし、ここからが問題であり注意点

GLNG F180のトルク調整部分

上記画像の赤丸で囲っている部分で、モニターアームのトルク(ガス圧)を調整するんですが、このままだとできないんです。

シルバーの部分が穴にかぶさっており、スパナが入らない。

説明書にも詳しく書いておらず、ググったのですが解決策が見つかりませんでした。

途方に暮れ、なんとなくシルバーの部分に手をついたら…

GLNG F180のトルクは押さえつけながら調整

曲がったぁぁぁ

つまり、トルク調整する際はシルバーの部分に力を加えてながら調整するということです。

ここでかなり時間をロスしました(笑)

お次はディスプレイの傾斜度調整。

GLNG F180の傾斜度調整部分(カバーあり)

説明書には、何やら赤丸の部分で調整しなさいと書いてありますが、穴が見当たりません。

またかよ…なんて思いながら赤丸近辺をイジイジしていると、なんとカバーがついていました

GLNG F180の傾斜度調整部分(カバーなし)

カバーをとるとこんな感じになっています。

トルクと傾斜度調整だけで30分以上かかってる(笑)

最後はスイベルという横移動の調整。 GLNG F180スイベル調整位置

穴の中は見えにくいですが、この中に穴があるのでスパナで調整します。

スイベル以外、調整方法わかりづらすぎです。

けっきょく、取り付けの所要時間は2時間ほどでした。

デスクの下があまりにも汚すぎたので、そうじを入れたら3時間ほどかかりましたが…。

Before

GLNG F180設置後

After

きれいになりました!

余計なものを片付けたからとか、間接照明のおかげではありません(笑)

GLNG F180設置後

モニターの高さをかんたんに変えられるので、上記のようなスペースも有効に活用できるようになりました。

設置に思ったより時間はかかりましたが、満足です。

デメリットは説明書のわかりにくさとロゴがダサい

説明書がわかりにくい

用紙が小さいので、書かれている図も小さくわかりにくいです。

さらに、

  • トルク
  • 傾斜度
  • スイベル

調整は、テキストでの補足がもっとあったほうがいい。

ちなみに、上記の組み立ての様子でわかりにくい場合、筆者でよければ答えられる範囲で答えます。

お問い合わせからどうぞ。

ロゴがダサい

モニターアーム側面やUSB接続部近辺に、黄色の背景で大きくNBというロゴが入っています。

ダサいとしか言いようがありません。

筆者の設置方法では幸いほとんど見えなくなっているので、なんとか我慢できますが、細部までこだわる人は注意しましょう。

メリット3つ

  • モニター下のデッドスペースを有効活用できる
  • 立ったままでも作業ができる
  • 自分のデスクがかっこよくなる

モニター下のデッドスペースを有効活用できる

モニター下部はスタンドだと、どうしてもデッドスペースができてしまい、ただでさえケーブルでごちゃごちゃする部分だと思います。

さらにごちゃごちゃしていると、そうじをするときもやりにくくホコリがたまりやすくなりますよね?

そんな問題を一変に解決してくれるのが、GLNG F180のモニターアームです。

モニターアームを使用すれば、デッドスペースにはお気に入りの小物だっておけますし、そうじはハンディモップでサッとひと拭き。

清潔かつ整理整頓されているデスクを継続できるので、モチベーションが上がり生産性が向上します

立ったままでも作業ができる

GLNG F180のモニターアームを使うと

  • 高さ
  • 横移動
  • モニターの傾斜

を、かんたんに変更できるようになります。

筆者は、赤ちゃんを抱っこしながら作業する場合が多いので、どうしてもモニタースタンドだと作業しづらいんですよね。

しかし、今では片手でかんたんにモニターの高さ調整・横移動・傾斜度変更ができるようになったので、赤ちゃんを抱っこしながらでも作業がはかどっています。

自分のデスクがかっこよくなる

女性には少しわかりづらいと思いますが、男性はメカメカしていてとにかくかっこいいものに惹かれてしまいます。

筆者も例外ではなく、映画の1シーンのようなデスクに憧れており、少しづつ改造中(笑)

デッドスペースの有効活用・立ったまま作業できるというメリットが大きかったからモニターアームを購入したのですが、決めてはやはり自分のデスクまわりがかっこよくなるということでした。

モニターアームを動かしてみせると、嫁さんも「かっこいい!できる男になったみたい」なんて褒めてくれました。

自分のデスクがかっこよくなることは、確実に購入メリットへつながります。

まとめ|GLNG(NORTH BAYOU)F180モニターアーム購入レビュー

  • モニターアームを購入する前は、VESA規格を必ず確認

組み立て注意点

  • トルクはアームを押し込みながら調整する
  • 傾斜度を調整する箇所にはカバーがついているので、外して行う
  • スイベル調整の穴は見えにくい

デメリット

  • 説明書がわかりにくい
  • ロゴがダサい

メリット

  • モニター下のデッドスペースを有効活用できる
  • 立ったままでも作業ができる
  • 自分のデスクがかっこよくなる

使っている2台のモニター、両方VESA規格に対応していなかったら間違いなく返品してました(笑)

あなたは筆者と同じミスを犯さないように、VESA規格を必ず確認してくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

【PS4用おすすめゲーミングモニター】絶対に失敗したくない人が選ぶべきモニター5選PS4用でおすすめのゲーミングモニターを厳選5つ紹介。ゲーミングモニターを購入するときの注意点もまとめてあります。...
【スマートスピーカー 予算10,000円以下】OK!Googleだけじゃない。生活を劇的に変化させるスマートスピーカー5選Google HomeやAmazon Echoだけがスマートスピーカーじゃない。予算10,000円以下でも十分な機能が備わったスマートスピーカーがどんどん販売されています。各ブランドの特色を活かしたスマートスピーカーを、厳選して5つ紹介。...