マクドナルド

マクドナルドのマックアドベンチャーを解説【元社員が注意点まで教えます】

親子
らいおん丸
らいおん丸
マクドナルドのマックアドベンチャーってなにするの?マックアドベンチャーって、親子で参加できるイベントらしいから利用してみたいんだけど、いまいちよくわからない。ついでに、申込み方や参加時の注意点も教えて欲しい。

こんな疑問に答えます。

☑本記事の内容

  • マクドナルドのマックアドベンチャーとはなにかわかる
  • マクドナルドのマックアドベンチャーへの申込み方法がわかる
  • マクドナルドのマックアドベンチャーの注意点がわかる

この記事を書いている僕は、元マクドナルドの社員で、13年間マクドナルドで勤務していました。

マックアドベンチャーの受付から、開催スケジュールの決定まで担当していたことがあります。

それではさっそく、マクドナルドのマックアドベンチャーを詳しく解説していきます。

※必ずしも、すべてのお店のマックアドベンチャーが同じ内容とは限りません。詳しくは、お店に問い合わせてみてください。

マックアドベンチャーとは、マクドナルドの仕事を体験できるプログラム

マクドナルドのハンバーガーとポテトマクドナルドのマックアドベンチャーを一言で言うなら、「マクドナルドの仕事を体験できるプログラム」です。

こどもがマクドナルドのユニフォームに着替え、ハンバーグやポテトを作って、お父さんやお母さんに渡します。

こども側ははじめての体験をできますし、親からすれば興味津々なこどもの姿を見れて、お互い良い思い出になりますよ。

以降、実際にマックアドベンチャーでどんなことをするか詳しく解説していきます。

クルールームでマクドナルドのユニフォームに着替える

予約したときの身長に合わせて、お店がこどものユニフォームを準備してくれます。

そのユニフォームを、クルールーム(マクドナルドの休憩室)で、マックアドベンチャー担当のクルーといっしょに着替えるんです。

基本的に、着替えからこどもとは別行動になるので、お母さん達は客席でこどものユニフォーム姿を待ちましょう。

厨房に出てきたこどもたちのユニフォーム姿はシャッターチャンスです(笑)

マクドナルドの手洗い方法を体験

厨房に登場したこどもたちは、まずはじめに手洗いを体験します。

実際、クルーが仕事を始める前の手洗いと同じ方法を体験するので、こどもたちにも手洗いの重要性が伝わります。

マクドナルドの厨房を探検する

マクドナルドの資材が保管されている倉庫や冷蔵・冷凍庫などを探検します。

特に、大型の冷凍庫はマイナス20℃にもなっているため、冷凍庫に入って寒さを体験でき、こどもたちには好評です。

ハンバーガーに使うビーフパティを焼く

ハンバーガーに使われるビーフパティを10:1パティ(テンワンパティ)と呼びます。

その10:1パティを実際に焼きます。

と言っても、鉄板は200℃近くもあり危険なので、ほとんど担当のクルーが焼いてくれるので安心してください。

10:1パティが焼けると、おいしいにおいが立ちこめるので、こどもたちも大はしゃぎです。

ハンバーガーを作る(アッセンブル)

10:1パティが焼けたら、ハンバーガーを作ります(マクドナルドではハンバーガーを作ることをアッセンブルと呼びます)

バンズを焼くところから、マスタードやケチャップをショットしたり、10:1パティをのせる作業まで体験。

最後、ハンバーガーをラッピングする作業がうまくいかなくて、悪戦苦闘するこどもたちもかわいいです。

マックフライポテトを揚げる

ハンバーガーが完成したら、次はマックフライポテトを揚げます。

揚がったポテトに塩をふって、ポテトをバギング(袋にポテトをつめること)

袋に詰めすぎちゃうよくばりさんがいても、許しちゃいます(笑)

ドリンクを作る

最後は、自分の好きなドリンクを作ります。

氷を入れてドリンクマシンにセット。

一生懸命手を伸ばして、ドリンクを作るこどもの姿はキュンときますよ。

お父さん・お母さんにハッピーセットを手渡す

ハンバーガー・ポテト・ドリンクが完成したら、こどもたちがカウンターに立って、お父さんやお母さんにハッピーセットを手渡します。

恥ずかしくてうまく渡せない子もいるけど、がんばれ〜って応援しましょう。

あ!この場面も大事なシャッターチャンスなので、カメラのスタンバイは忘れずに。

ハッピーセットを渡したら、マックアドベンチャーは終了になります。

クルールームで着替えて、親子でおいしくハッピーセットを食べましょう。

スポンサーリンク




マクドナルドのマックアドベンチャーに申込み方法

申込み用紙を記入マクドナルドのマックアドベンチャーとはなにかがわかったところで、申込み方法も記載しておきます。

かんたんに申込みできるので、親子で参加してみてください。

  1. マックアドベンチャーを実施したいお店を決める
  2. WEBか電話で予約する

①マックアドベンチャーを実施したいお店を決める

まずは、自分がマックアドベンチャーを実施したいお店を決めましょう。

マクドナルドの公式サイト→店舗検索でマックアドベンチャーを実施しているお店がわかります。

マクドナルドの店舗検索はこちらから

すべてのお店でマックアドベンチャーを実施しているわけではないので、必ず事前に確認しておきましょう。

②WEBか電話で予約する

実施したいお店が決まったら、WEBか電話で予約します。

WEBで予約でもいいですが、最初は仮予約になるので、めんどうな人は電話で確認したほうが早いです。

こどもの長期休みなどは、平日の予約なども増えるのでなるべく早めに連絡しましょう。

スポンサーリンク




マクドナルドのマックアドベンチャーの注意点

親子ここからは、マックアドベンチャーを利用するときの注意点を解説します。

マックアドベンチャーは営業中のお店で行うので、最低限のマナーは守りましょう。

マックアドベンチャーの料金について

ハッピーセットの料金込みで600円というお店が多いです。

しかし、僕が働いていたマクドナルドは無料で実施していました。

詳しくは、申し込むときに確認してみてください。

実施時間と所要時間について

実施時間は、平日しか実施していないお店や、祝日しか実施していないお店などさまざまです。

恐らく、各お店の余裕がある時間に実施していると思います(スタッフィングなどの問題により)

所要時間については、おおよそ1時間ほど(参加人数4〜5名程度、専属クルー1名の場合)

親子でハッピーセットを店内で食べたら、1時間30分ほどです。

参加人数について

友達を誘っての参加もOKです。

ただし、マックアドベンチャー担当クルーをお店側が1名しか確保できない場合は、希望の日程で実施できないかもしれません。

詳しくは、実施するお店に確認してみてください。

当日の持ち物・服装

持ち物は特に必要ありません。

服装は自由ですが、靴はスニーカーが必須です(サンダルなどでは転倒の危険があるため)

それと、マクドナルド公式サイトには、「オムツを着用のお子様は参加いただけません」と書いてありますが、参加できます。

もちろん、参加できないお店もあると思いますが、僕が働いていたお店では「オムツ履いてますか?」なんて確認は一切したことがありません。

気になる方は、直接お店に確認してみてください。

こどもが体調不良の場合

基本的にはマックアドベンチャーには参加できません(衛生管理の観点から)

実際、僕がマックアドベンチャーの連絡をするときも、必ず体調不良の際は〜と伝えていました。

感染症などが広まったら大変ですしね…

楽しみにしているマックアドベンチャーの日に向けて、体調管理は万全にしておきましょう。

インフルエンザやノロウイルスが流行しているとき

お店の判断でマックアドベンチャーを中止にするパターンがあります。

一般的に感染者が増える、冬に中止する場合が多いです。

どうしてもマックアドベンチャーを体験したいという人は、春〜夏にかけて予約を入れてみてください。

写真や動画撮影について

基本的にOKですが、お店の機械が写る撮影はNGとなっています。

また、マックアドベンチャーは営業中のお店で実施します。

カウンターから体を前のめりにして写真をとるなど、他のお客さんに迷惑がかかる行為はやめましょう。

それと、親御さんは厨房内に入れませんので、覚えておいてください。

親子でマクドナルドのマックアドベンチャーに参加してみよう

マクドナルドのネオン看板以上が、マクドナルドのマックアドベンチャーの解説と申込み方法・注意点です。

こどもたちはみんなマクドナルドが大好きですよね?

そんなこどもたちといっしょにハンバーガーを作って、大切な思い出の1つにしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

マクドナルドの店舗検索はこちらから

ハンバーガーとフライドポテトとビール
マクドナルドのレギュラーメニューを紹介【元社員がわかりやすく解説】あなたはマクドナルドのレギュラーメニューの評価が知りたいですか?すべてのレギュラーメニュー(ハンバーガー類)の評価を細かく書いています。元マクドナルド社員が飽きるほど食べた結果、全力でおすすめするレギュラーメニューも紹介。マクドナルドのレギュラーメニューのことを知りたい人は必見です。...
マクドナルドのロゴ看板
マクドナルドの裏事情をぶっちゃける!元社員だから言い切れるネタまとめマクドナルドの裏事情を書いた記事のまとめ。13年間マクドナルドで働いていた元社員がぶっちゃけました。特に、マクドナルドがいかにブラック企業か書いた記事は読んでほしいです。...