マクドナルド

マクドナルドで歯が混入?元社員がマフィンの作り方から混入の可能性を考える

らいおん丸
らいおん丸
8月にマクドナルド金沢有松店で、ソーセージエッグマフィンの中に異物がみつかった。調査結果から人の歯だったらしいけど、そんなことありえるの?

こんな疑問に対して、元社員が可能性を考えます。

結論として、マクドナルドの厨房で働くクルー(スタッフ)はマスクを着用していないので、可能性は0ではありません。

問題となったソーセージエッグマフィンの作り方から、混入の可能性を考えていきます。

ソーセージパティの焼き方から、歯は混入しにくい

現在のマクドナルドは、クラムシェルグリルを使用してソーセージパティ(肉)を焼いています。

使用している機器は違いますが、この動画のような機械。

このグリル表面にソーセージパティを1枚ずつ並べて焼きますが、どうやったら1枚のソーセージパティに歯のかけらが3個4個入るんでしょうか?

ましてや、ソーセージパティを並べてからグリルの開閉スイッチを押すまで、機器から目を離さないので、ソーセージパティを焼いていたときに歯が混入したとは考えにくいです。

タマゴを焼く機械によっては、少し可能性がある

上記の動画、5秒ぐらいの場面をご覧ください。

専用のエッグクッカーという機械で、タマゴを焼いています。

エッグクッカーの表面温度は130℃弱あるので、生タマゴの白身は一瞬で白くなります。

もしタマゴをわるときによそ見をしてリングの中に入れていたら、歯が入っても気づきませんね。

エッグクッカーの設置場所も、人が立っている場所のほぼ真下に設置されていますし。

エッグクッカーを使用していないお店は、先ほど出てきたクラムシェルグリルでタマゴも焼きます。

エッグクッカーを使用しているお店より、クラムシェルグリルを使用しているお店の方が歯は入りにくいと思います。

なぜか?

クラムシェルグリルにはコールドゾーンがあるからです。

クラムシェルグリル

画像の赤枠部分がコールドゾーンですが、ここではタマゴを焼きません。

よって、クラムシェルグリルを使用しているお店のほうが、エッグクッカーを使用しているお店より歯の混入の可能性は低いと思います。

スポンサーリンク




マフィンを焼くときも、口をあけてなければ入らない

マフィンの焼き方は以下のとおりです。

  1. バンスパチュラ(トレーのようなもの)に、マフィンを半分に割って並べる
  2. 専用のトースターに入れる
  3. 焼き上がりのブザーで取り出し、クッキングスプレーオイルをふきかける

①と③のときに歯が入る可能性はありますが、やはり作業中はマフィンから目を離さないので、よほどの老眼か故意に歯を入れない限りは、混入しにくいと思います。

アッセンブルのときも、歯の混入は考えにくい

らいおん丸
らいおん丸
アッセンブルってなんだ?
白鳥先生
白鳥先生
バンズ(パン)に具材をのせていくことです

ソーセージパティ、タマゴ、マフィンなどは焼いたあと一旦、保温器に入れられます。

そして、オーダーが入ったら保温器から取り出して使用します。

マフィン→チーズ→ソーセージパティ→タマゴの順でアッセンブルしていきますが、やはり作業中はオーダーから目を離しません。

そもそも作業中にクルーの歯が抜けていたら、「あ、歯が抜けたわ」って気づいて、新しい商品を作るでしょ(笑)

スポンサーリンク




マクドナルドで歯が混入事件のまとめ

実際に事件があったのは8月で、調査結果が出たのは11月のため、すべての原材料をきちんと調べたのでしょう。

わたしも異物混入を出してしまい、調査依頼を出したことがありますが、2~3ヶ月は時間がかかります。

けっきょく原因不明ですが、今後ともマクドナルドには品質管理を徹底してくださいねってしか言えないじゃないですか。

なぜなら、人間が作っているんですから。

クルーがマスクをして、「歯がハンバーガーに入ることを防ごう」なんてマクドナルドが義務化するのをあなたは期待しますか?

読んでいただきありがとうございました。

「マクドナルドで妊婦は働くな!」元店長代理が断言するマクドナルドで13年間働いたわたしが断言します。妊婦は絶対にマクドナルドで働かないでください、お願いします!実体験を公開します。...
元正社員が語る!ブラック企業のマクドナルドに就職・転職してはいけない理由3選私はマクドナルドで6年アルバイト+社員7年の計13年働いていたものです。 しかし、先日退職しました。 目指す役職があったので...