フリーランス

ド素人がデザインの勉強をし始めて9・10ヶ月目の結果報告

PCと本とiPhone

この記事は、ド素人がデザインの勉強をして1人前のデザイナーになるための報告記事です。

8ヶ月目までは「Webデザイナーになるため」としていたのですが、最近は広告デザインに携わっている機会が多いので、タイトル変えました。

まずは広告デザインで1人前になり、後々はWebデザインもがんばりたいな…という目標です。

9・10ヶ月目は、よりたくさんの仕事をいただき学びながらがんばりました。

それではこれから、詳しく結果報告していきます。

デザインの仕事×3Webサイトの構成×1

ラフ

いくつかラフを書き、実際に完成させるまでのデザインは2ヶ月で3件いただきました。

ラフは思いの外たくさん書けたので、「これはいい広告ができるかも」と思ったのですが、実際にイラレで作業すると悪戦苦闘。

テキストの整列はできていないし、色の使い方が下手くそ

さらには、JPEGの写真をそのままイラレで使ってしまうというド素人っぷり。

デザインの師匠はいろいろ教えてくれるのですが、やはり自分のちからが至らないせいで迷惑かけてます。

早く成長しなきゃな!

変わってWebサイト構成の仕事。

既存のホームページをリニューアルするらしく、構成してほしいとのことでしたが、これまた合格点はもらえなかった印象(実際に言われたわけではない)

師匠が修正したものを見て、勉強するしかない…

スポンサーリンク




地図作成×2テキスト打ち直し×1

内覧会会場までと船着き場までの地図を作成しました。

意外とすんなり作成できたが、師匠のサンプルデータがなかったらかなり時間かかってたと思います。

土地勘のある人であれば、「あーあの店ね!」なんてすんなり伝わりますが、そうでない人にもわかる建物や店を目印にしなければいけません。

そして、船着き場までの地図は最後にミスりました。

プリントアウトして原寸確認していなかった…。

そのため、フォントサイズが小さすぎて読めなかったそうです。

印刷物作成したときは、必ずプリントアウトして確認しましょう!(自戒)

イラスト×2

先に言っておきます。

筆者はイラスト書けません。

よくデザイナーの人はイラストが書けると言われていますが、そんなことはありません。

たしかに、書けたほうが仕事の幅は広まりますが、書けなくても立派なデザイナーになれます(筆者が証明しよう)

どのくらいイラストが書けないかというと、こんな感じです。

下手くそなネコのイラスト

足書けない(笑)

そんな筆者にイラストの仕事がきました。

日本のまわりのプレートをイラストで書いてほしいとのことでしたが、めちゃくちゃ時間かかりました。

ボールペンがイラレに変わっても相変わらずの下手さなので、悪戦苦闘。

加えて、このぐらいなら「ベジェ曲線」でささっと書けないと…なんて言われたので必死こいてやりました。

切り抜きでも使うベジェ曲線ですが、苦手意識あるんですよね。

初心者がつまずくポイントらしいのですが、筆者もつまずいています。

とにかく量をこなすしかないので、「習うより慣れろ」で克服する!

スポンサーリンク




名刺とロゴの作成

仕事ではないのですが、知人の会社のロゴと名刺をデザインしました。

頼まれたわけではないのですが、自分の勉強になると思って。

「ロゴと名刺を見て喜んでくれたらうれしい!」とか想像しながら作っていると、無料でも楽しいものです。

結果、まだ渡してないのですが、今までのロゴと名刺よりはかっこよくなりました(断言)

これを渡して仕事につながったらさらにうれしい(笑)

まとめ|ド素人のデザイン勉強9・10ヶ月目

ありがたいことに賃金が発生する仕事は増えていますが、自分でデザインの勉強をするといった時間は減っています。

本を読むとか模写をするとか。

仕事と勉強を両立しつつ、11ヶ月目もデザインを楽しむぞ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

パソコンを使って楽しそうに仕事をする男女
【ヒューマンアカデミー体験談】ド素人がWebデザイナーに転職するため、Webクリエイターブートキャンプ講座を契約してきたヒューマンアカデミーのWebクリエイターブートキャンプ講座ってどうなの?資料請求から契約までの流れを知りたい。実際に契約した筆者が、契約しなければわからないようなことまで細かく記した体験談です。...